あすは きっと

a0068367_1810196.jpg『あすは きっと』

ぶん:ドリス・シュワーリン
え:カレン・ガンダーシーマー
やく:木島始

ちいさい子に語りかけるように綴られた絵本です。

***

あすは いっぱい できるよ、
きょう できなかったことも。

***

できたての こんなうたを うたったりして、ほら、
「ふうらりらっほー、ひいらりらっほー、るうらっぱ るうるっぽ おうひっさまあ!」

***

きょう なにかで なかなかった?・・・
いいかい きっとね、
あすは、なにから なにまで、ずっと きょうより よくなるよ。
あさから よるまで、にこにこ わらって いられるかもしれないよ。

きっと・・・、あすには。

***


読んでたら
「あすはきっと楽しい日になる!」なんて
ごきげんに嬉しくなってくる絵本です。
カレン・ガンダーシーマーの書く
ちびっこたちの絵もむじゃきでとてもかわいい!

もちろん子供が読んでも楽しめる内容ですが
大人の人が落ち込んだ時に読むのもおすすめかも、です◎


※絵本の会でこの絵本を紹介しようと思ってたのですが、
違う絵本にしたのでこちらで紹介しました*
[PR]
by honeycombbooks | 2011-12-06 18:10 | 商品紹介{BOOK} | Comments(0)


<< 12月の絵本の会 今年最後の~ >>